ものづくりとことだまの国

縄文・弥生・古墳時代の謎。古神社、遺跡、古地名を辿り忘れられた記憶、隠された暗号を発掘する。脱線も多くご容赦ください

三輪そうめん ひねもの(古物) 時短パスタ

f:id:Kaimotu_Hatuji:20190610101005j:plain

三輪そうめんは極寒の冬季につくる。

梅雨と夏を越して、およそ一年以上熟成させたものを古物(ひねもの)といい、歯ごたえ良くコシが出てくるので、三輪の人は古物を好んで食べるそうだ。

先日、大神神社(おおみわじんじゃ、奈良県桜井市)をお参りした時に買った古物でパスタを作った。

一パック、六束入り・三~四人分で五百円というお手頃価格。(商品写真は巻末、前回記事参照)

用意するもの

ひねそうめん・1年熟成もの(1人前1.5束、おなかすいている人2束)

トマトソース缶

調味料(コンソメ顆粒、ケチャップ、お好みでソース、砂糖)

トマトソースの作り方

トマトソース缶開ける(要らん!?)

フライパンでトマトソースを暖めながら、コンソメ顆粒、ケチャップ適量

隠し味に串カツソースまたはお好みソースなど。

普通のソースでもOK。砂糖少々。お好きな味に調整

そうめん(ゆで方)

そうめんは熱湯(沸騰)に約30秒。1分以内厳守

さっと茹でたら、ザルにあげて氷水ですすぐ(スパゲッティなので水でもOK)

あえる

そうめんとトマトソースをあえたら出来上がり!

好みで、仕上げにパルメザンチーズやパセリをトッピング

(あいにくチーズがなかった!)

*****

撮影していないが、人体実験(^-^)v でペペロンチーノ風を三男(19才)にふるまった。

7.5点をいただいた。

1)フライパンにオリーブオイルを多めにひく

2)スライスカットしたニンニクをキツネ色になるまで炒める

3)ベーコンがなかったので、シャウエッセンを刻み、フライパンに放り込んで焦げ目が出来る程度に炒める

4)麺を加え、シオ・コショウを適量。(ベーコン使用の場合、シオ少な目)

5)タカのツメもなかったので、仕上げに、大宰府天満宮参りのお土産で買った「めんたいマヨネーズ」をからませて出来上がり

めんが細いので、ぺペロン風は混ぜるのに少し手間かな?

☆どちらも10分ほどでできる
☆お箸で食べれます
☆アウトドア食、非常食としても使える

*****

と、記事を書いてから奥さんに言われてクックパッドを覗いてみる→汗。いっぱいあるやん。

しかし、チキンそうめんになっていたら歴史は変わっていたかもしれない、と春まで観ていたテレビ小説を思い出す。

「ふく子!そうめんや!一分やで!」「・・・まん平さん!」

kaimotu-hatuji.hatenablog.com